お正月行事に見る地域文化

Pocket

様々な情報をお届けしていく「環境生活」ニュースを、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今週からお仕事初めの方もいらっしゃるかと思いますが、生活リズムはもう整いましたでしょうか?
年末年始に食べ過ぎて胃腸が・・・という方は七草粥を召し上がってそろそろ本調子を取り戻す頃かと思います。

七草粥を食べるのは1月7日ですよね。
ではお正月飾りを下げるのは・・・いつでしょう。
毎年の行事ながら不安になり、ネットの力を借りて調べました。
1月7日に片付ける、とあったので仕事はじめに合わせて片したのですが・・・
おや、まだ飾っているぞ?、と街を見回して「???」となりました。

改めて調べました。
1月7日にお正月飾りを片付け、1月11日に鏡開きをおこなうのは、関東の文化だそうです。
関西では、1月15日までが松の内、鏡開きは1月15日、または20日におこなうようです。

昨年ご紹介した日本橋のお正月飾りの文化ですが、年明けにもその様子を伺うことができました。
そう、お正月飾りがまだ飾られているのです。
およそ1ヶ月、寒風にさらされ続け乾燥しきった橙は、それだけで趣があるものだなと感じました。

さて、年明けから寒さも本番!
冬は少しでも暖かく過ごしたいですよね。
「環境生活」では、リフォーム施工も各種取り扱っております。
二重窓で断熱すれば、寒い冬も快適に過ごせますね。

>>断熱二重窓のリフォームに関する詳細はこちら

>>「環境生活」のリフォームサービスに関する詳細はこちら

Pocket